相続手続きの期限

相続手続きには期限がある

相続手続きには期限がある

相続では、様々な手続きを決められた期限内に行わなければいけません。例えば、遺産を放棄する場合や限定して取得する場合は故人の死亡を知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所で手続きを行わなければいけませんし、故人に収入がある場合は死亡を知った日の翌日から4ヵ月以内に準確定申告を、同10ヶ月以内には相続税の申告を行う必要があります。また、時効よる期限もあり、遺産分割において遺留分減殺請求権を行使する場合は、1年以内に権利を行使しなければ時効により請求権が消滅してしまいます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 法律と行為能力について All rights reserved