法律行為自由の原則

法律行為自由の原則にうちて

法律行為を行う人にはついて

法律行為自由の原則というのがあり、本人の自由な意思によって行うことができます。遺言のように、単独で行えるものもあれば、契約のように、お互いの同意が必要な場合もあります。基本的には、資格は必要ありませんが、場合によっては、資格が必要なこともあります。例えば、だれかの代理人となって裁判をするためには、弁護士資格が必要になります。未成年者でも有効な法律行為を行うことができますが、親の同意がなければ、後で取り消すことができます。また、幼児、心神喪失者など、意志無能力者と呼ばれる者がした取引は、無効になります。

法律で定められている行為を守る

効率では、一定の法律を禁止していることがあります。それを守らないと、それゆえに不利益な取り扱いを受けることになります。それは避ける必要があるため、禁止されている行為については知っておく必要があります。いかなるものがそれに該当するかは、把握するのは難しいこともありますが、基本的なことは常識の範囲内なので、特に気にする必要はありません。気になった際も、簡単に調べることができるので、情報書くときに苦労することはありません。仮に法律のことで困ったとしても、弁護士や行政の窓口などに問い合わせることで知ることができます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 法律と行為能力について All rights reserved