法律についての考え方

法律についての考え方とは

法人が主体的に行為するためには

企業間で契約を交わす場合、契約書にはその会社を正確に特定して記載しておかないと、後日、法律的な問題が発生する恐れがあります。具体的には、会社の本店所在地を番地まで記載し、会社の商号を「株式会社」や「有限会社」も含めた形で、正確に記載しなければなりません。略称で、(株)とか(有)と書いていたのでは、相手方会社を特定するに際して、好ましくありません。また、会社というのは、普通の人間とは違い、自分の意思で主体的に行為をすることができません。そこで、代表機関の肩書きとその機関である人の名前を書いて、代表者印を押すことが法律的には望ましいのです。

法律と違法行為と秩序

日本人は欧米諸国の人々よりも、感情を大切にします。空気を読む、気持ちの気持ちを察する、弱者を自然と労る等、感情を大事にする風潮はとても大事ですが、時として情緒的な選択をするあまり、法律を犯してしまう人々がいます。また身内の違法行為に対しては目をつぶってしまったり、社会的な弱者が犯した窃盗や強盗事件に対しては、むしろ被害者の方を責める等、やや感情的過ぎる部分があります。法律は確かに杓子定規な面がありますが、それがある事で秩序が守られています。市民の側が勝手に、刑法や民法を恣意的に解釈し、それで他人を糾弾したり、また身内の違法行為や弱者の犯罪を執拗に擁護する事は、たとえそれが情緒的に正しくても、社会のためにはマイナスな事です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 法律と行為能力について All rights reserved