法律における行為規範

法律における行為規範のこと

法律における行為規範について

法律と言う場合には、二つの意味を示す場合が多いです。狭義に言えば、立法府である国会で成立した法典と言えます。広義に言えば、社会生活のルールと言えます。これには、成文化された法典以外に道徳を含む場合があるという説があります。法と道徳の違いは法に関わる永遠の課題ですので、興味のある方は研究されると良いでしょう。ここでは法規範について考えます。行動、裁判、組織に各々に規範があり、これが結びついて法を実効化します。行動は法律行為のことです。社会生活で、作為を命令すること、不作為を禁止することから成立しています。裁判は具体的に裁判の基準です。これは作為、不作為に反した行為が問題になります。組織は憲法で定められている統治機構の目的に合致しているかどうかの問題です。

世間の人々が犯す身近な違法行為

世間の人々が日常的に行っている行為の中にも、実は法律に抵触する物事があります。例えば、交通ルールの違反です。勝手な理由で道路に車を停車させてはいけません。それは歩行者や他のドライバー、そして緊急車両の移動の妨げとなります。しかしながら、コンビニやスーパーの前などは、半ば実質的な駐車場として、世間の人々が恣意的に活用してしまっており、それが世間的に黙認されています。多くの人々が常日頃から無断駐車を繰り返しているため、それが普通の行為だと感覚が鈍っていきますが、それは法律に抵触する物事であり、いざ警察官に発見されれば、罰金などの指導を受ける恐れは高いです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 法律と行為能力について All rights reserved